999めいし

応急手当

元首相が強襲された事件から国民が持った二つの疑問

国民の多くがショックを受けた事件。医療従事者の助けを求める声、AEDの手配を叫ぶ人、一般の方により行われた胸骨圧迫。眼を覆いたくなるような現場の中で繰り広げられた救命の連鎖のリアルがありました。 日本で唯一のAED推進に特化した法人...
コミュニケーション

新刊紹介 【実践】救急隊員が語る 救急現場のコミュニケーション

へるす出版さんから、救急隊員向けの実用書が発売されます。 消防学校や救急救命士養成所などの初学者への入門書として,救急救命士や指導救命士らベテランの方たちには若手職員の指導教材として活用できる内容です。 内容紹介 救急活...
コミュニケーション

ご意見募集【実践】救急隊員が語る 救急現場のコミュニケーション

消防学校や救急救命士養成所などの初学者への入門書として,救急救命士や指導救命士らベテランの方たちには若手職員の指導教材として活用できる内容です。
学会やセミナー

学術集会の座長を頼まれた|うまくやるポイントを伝授

学会員の評議員として在籍していたり、消防職の救急救命士でもある程度のポストになるとめぐってくる座長というお仕事。初めて、地域MC症例検討会の座長を指名された後輩職員に、私からアドバイスしたことをもとに、少しポイントを紹介したいと思います。
雑記

NHKのエマージェンシーコール~緊急通報指令室~ 所感

2022年1月13日(木)にNHK総合で放送された「エマージェンシーコール」という番組を拝見しました。3年間、この部門にいましたが、まさに119番通報のリアルがそこにありました。
PowerPoint

救急救命士がやりがちな超ダサいスライドをどうにかしたいvol2

救急救命士が作るスライドはダサい、見づらい、よくわからないのオンパレードです。いいこと発表しているのにスライドがなぁ、とならないように、かっこいいスライドづくりのノウハウを紹介します。救急救命士の皆さん、ダサダサのスライドを一緒に卒業しましょう。
研究と医療

混雑した場所ではAEDの到着が25秒遅くなる|救急救命士ジャーナル

ガイドラインでは、AEDは現場から片道 1 分以内の密度で配置することが提唱されていて、だいたい300m間隔での設置が有効です。ただし、周辺が人で込み合った場合25秒ほどの遅れが生じると実験結果でわかりました。
ブログ運営

DeepLの拡張機能をGoogleChromeにインストールしてみた

英語の才能を持ち合わせない私にとって、DeepL翻訳は大変助かるツールです。2021年11月20日にGoogle Chromeの拡張機能が公開されていて、遅ればせながら自身のブラウザにもいっちょインストールしてみるかということで、レポートさせて頂きます。
応急手当

雪道や凍った道路の転ばない歩き方|寒冷地の住人が伝授するよ

雪の上を歩いて転ばないためのポイントと、転んでもケガをしない対策を紹介します。また、街中で転びやすい場所を覚えておいて、心構えを持つことで転倒を防ぎましょう。
消防行政

G空間情報による自衛消防支援や現場活動支援のシステムが近未来的

G空間情報を活用したICTの進歩により自衛消防や公設消防の活動に近未来のツールのようなものが登場しだしました。今、研究成果として紹介された二つのツールについて紹介したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました